-The 103rd Congress of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society-

プログラム

第103回日本消化器内視鏡学会総会 プログラムはこちら


【理事長講演】

理事長講演 「JGESの現状とこれからの展開」
5月14日(土)12:00-12:50  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

演者 井上 晴洋(一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 理事長/昭和大学江東豊洲病院 消化器センター)
司会 緒方 晴彦(慶應義塾大学医学部 内視鏡センター)

【会長講演】

会長講演 「消化管の炎症を視る -imaginationとinnovationをintelligenceと共に求めて」
5月13日(金)12:00-12:50  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

演者 緒方 晴彦(慶應義塾大学医学部 内視鏡センター)
司会 熊井 浩一郎(日野市立病院 名誉院長)

【特別講演】

特別講演1 「医学英語、そしてアメリカ」
5月13日(金)14:00-14:50  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

演者 向井 万起男(元 慶應義塾大学病院・病理診断部長、医学博士、作家)
司会 北野 正剛(大分大学)
特別講演2 「潰瘍性大腸炎における炎症発癌と内視鏡診断」
5月13日(金)14:50-15:40  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

演者 岩男 泰(慶應義塾大学病院 予防医療センター)
司会 三浦 総一郎(国際医療福祉大学大学院)
特別講演3 「ニュースから世界を見る」
5月14日(土)14:00-14:50  第1会場 (国立京都国際F会館 メインホール)

演者 池上 彰(ジャーナリスト)
司会 北川 雄光(慶應義塾大学 外科)

【Invited Lecture】

Invited Lecture1 “Future for Endoscopy: Worldwide Technology and Expertise”
*English Session
5月13日(金)14:30-15:00 ENDO2022 Track 3 /Room E 3 (国立京都国際会館 2 階 Room B- 2 )

Speaker:Jean-François Rey(Institute Arnault Tzanck, France)
Moderator:Hisao Tajiri(Department of Innovative Interventional Endoscopy Research, The Jikei University School of Medicine)
Invited Lecture2  “Recent and Near Future Advances in Medical Therapy for the Inflammatory Bowel Diseases”
*English Session
5月14日(土)10:30-11:00 ENDO2022 Track 4 /Room E 4 (国立京都国際会館 5 階 Room 510)

Speaker:Bruce E. Sands(Mount Sinai, U.S.A.)
Moderator:Mamoru Watanabe(Advanced Research Institute, Tokyo Medical and Dental University)
Invited Lecture3 “Medicine after the Pandemic: Perspectives from an American Academic Medical Center”
*English Session
5月15日(日)10:30-11:00 ENDO2022 Track 3 /Room E 3 (国立京都国際会館 2 階 Room B- 2 )

Speaker:Daniel K. Podolsky(University of Texas Southwestern Medical Center, U.S.A.)
Moderator:Toshifumi Hibi(IBD Center, Kitasato University Kitasato Institute Hospital)

【教育講演/Educational Lecture】

Educational Lecture 1 “Barrett́s esophagus – update on new endoscopic diagnosis and treatment”
*English Session
5月13日(金) 16:00-16:30 ENDO2022 Track 2 /Room E 2 (国立京都国際会館 2 階 Room B- 1 )

Speaker 
Helmut Messmann(Endoscopy Center of the University Clinic of Augsburg, Germany)
Moderator 
Shin’ichi Takahashi(Internal Medicine, Kosei Hospital)
Educational Lecture 2 “Barrett’s esophagus – update on new endoscopic diagnosis and treatment”
*English Session
5月13日(金)10:30-11:00 ENDO2022 Track 3 /Room E 3 (国立京都国際会館 2 階 Room B- 2 )

Speaker 
Douglas K. Rex(Indiana University Hospital, U.S.A.)
Moderator 
Shigeaki Yoshida(Aomori Prefectural Central Hospital)
Educational Lecture 3 “The concept and operative channels of super minimally invasive surgery(SMIS)”
*English Session
5月15日(日)14:30-15:00 ENDO2022 Track 2 /Room E 2 (国立京都国際会館 2 階 Room B- 1 )

Speaker 
Enqiang Linghu(Department of Gastroenterology, The First Medical Center of Chinese PLA General Hospital, Beijing, China)
Moderator 
Kenjiro Yasuda(Division of Gastroenterology, Kyoto Second Red Cross Hospital)
教育講演1 「アメリカにおける消化器内視鏡診療の現状~日米の比較~」
5月13日(金) 08:30-09:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 西村 誠(メモリアルスローンケタリングがんセンター 消化器内科)
司会 山本 博徳(自治医科大学 内科学講座)
教育講演2 「上部消化管腫瘍―内視鏡と病理の相関について(最新の病理に関する話題を含めて)」
5月13日(金) 09:00-09:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 八尾 隆史(順天堂大学大学院 医学研究科 人体病理病態学)
司会 伊藤 透(金沢医科大学 消化器内視鏡学)
教育講演3 「食道癌の内視鏡診断および治療の発展」
5月13日(金) 09:30-10:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 武藤 学(京都大学大学院医学研究科 腫瘍薬物治療学講座)
司会 飯石 浩康(市立伊丹病院 消化器内科)
教育講演4 「カプセル内視鏡診療の現状とトピックス」
5月13日(金) 10:00-10:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 塩谷 昭子(川崎医科大学 消化管内科学)
司会 樋口 和秀(大阪医科薬科大学 先端医療開発学講座)
教育講演5 「小腸疾患に対する内視鏡診断・治療の進歩」
5月14日(土) 08:30-09:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 江﨑 幹宏(佐賀大学医学部 内科学講座消化器内科)
司会 福田 眞作(弘前大学 学長)
教育講演6 「大腸腫瘍の内視鏡診断・治療の今」
5月14日(土) 09:00-09:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 池松 弘朗(国立がん研究センター 先端医療開発センター 内視鏡機器開発分野)
司会 工藤 進英(昭和大学横浜市北部病院 消化器センター)
教育講演7 「炎症性腸疾患の内視鏡診療・病態研究の進歩」
5月14日(土) 09:30-10:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 安藤 朗(滋賀医科大学 医学部 消化器内科)
司会 金井 隆典(慶應義塾大学医学部 内科学(消化器))
教育講演8 「急性膵炎後局所合併症に対する内視鏡治療の最前線」
5月14日(土) 10:00-10:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 糸井 隆夫(東京医科大学 消化器内科)
司会 藤田 直孝(みやぎ健診プラザ)
教育講演9 「除菌後胃粘膜と除菌後発見胃癌の内視鏡診断」
5月15日(日) 09:00-09:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 八木 一芳(新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院 消化器内科)
司会 村上 和成(大分大学医学部 消化器内科)
教育講演10 「地域医療構想および医師の働き方改革のインパクト」
5月15日(日) 09:30-10:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 島崎 謙治(国際医療福祉大学 大学院 医療福祉学研究科)
司会 藤本 一眞(国際医療福祉大学大学院/国際医療福祉大学医学部 内科)
教育講演11 「膵癌診療における超音波内視鏡検査の役割」
5月15日(日) 10:00-10:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 廣岡 芳樹(藤田医科大学 医学部 消化器内科学講座)
司会 岡崎 和一(関西医科大学香里病院 内科)
教育講演12 「肝門部悪性胆道狭窄に対する内視鏡的ステンティングの最近の話題」
5月15日(日) 10:30-11:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

演者 河本 博文(川崎医科大学総合医療センター 消化器内科)
司会 乾 和郎(山下病院 消化器内科)
Educational Lecture 1  “Barrett’s esophagus – update on new endoscopic diagnosis and treatment”
*English Session
5月13日(金)16:00-16:30 Room E2

Moderator:Shin'ichi Takahashi(Kosei Hospital, Japan)
Speaker:Helmut Messmann(Endoscopy Center of the University Clinic of Augsburg, Germany)
Educational Lecture 2  “Expansion of Cold Resection in the Colorectum”
*English Session
5月13日(金) 10:30-11:00 Room E3

Moderator:Shigeaki Yoshida(Aomori Prefectural Central Hospital, Japan)
Speaker:Douglas K. Rex(Indiana University Hospital, U.S.A.)
Educational Lecture 3 “The concept and operative channels of super minimally invasive surgery (SMIS) ”
*English Session
5月15日(日)14:30-15:00 Room E2

Moderator:Kenjiro Yasuda(Kyoto Second Red Cross Hospital, Japan)
Speaker:Enqiang Linghu(Department of Gastroenterology and Hepatology, Chinese PLA General Hospital, China)

【Joint Symposium】

JGES-ASGE-WEO Joint Symposium
*English Session
“Further development of submucosal endoscopy and related techniques”
5月15日(日) 09:00-10:30 ENDO2022 Track 1/Room E1(国立京都国際会館 2 階 Room A)


Moderators:
Keio University, Japan Naohisa Yahagi
Indiana University School of Medicine, U.S.A. Douglas K. Rex
Mayo Clinic, U.S.A. Kenneth Wang

IS03-1. Per Oral Septotomy for Zenker’s Diverticulum: Indications, Risks, and Outcomes
Humanitas Research Hospital, Italy Alessandro Repici

IS03-2. G-POEM in 2022
Louisiana State University School of Medicine, U.S.A. Qiang Cai

IS03-3. POET and POEM related procedures
Department of Gastroenterological Surgery Fukuoka University Faculty of Medicine, Fukuoka, Japan Hironari Shiwaku

IS03-4. Updates on Submucosal Tunnel Endoscopic Resection(STER)
The Cleveland Clinic Foundation, U.S.A. Amit Bhatt

IS03-5. Outcomes of endoscopic removal of gastric submucosal tumors
Department of Gastrointestinal and General Surgery, Kyorin University Faculty of Medicine, Japan Nobutsugu Abe

IS03-6. Overstitch Endoscopic Suturing Device
Therapeutic Endoscopy, Mercy Medical Center, Baltimore, Maryland, U.S.A. Sergey V. Kantsevoy

IS03-7. Endoscopic hand suturing: current indications and future perspectives
Endoscopy Center, Nippon Medical School Hospital, Tokyo, Japan Osamu Goto
JGES-ESGE-WEO Joint Symposium
*English Session
“The current situation and future perspective for image-enhanced endoscopy (IEE) – from polyp detection to characterization including AI technology”
5月14日(土) 16:00-17:30 ENDO2022 Track 2/Room E2(国立京都国際会館 2 階 Room B-1)


Moderators:
National Cancer Center Hospital, Japan Yutaka Saito
University Hospital Ausburg, Germany Helmut Messmann
Oslo University Hospital, Norway Lars Aabakken

IS02-1. Polyp detection
Nuovo Regina Margherita Hospital, Italy Cesare Hassan

IS02-2. Polyp characterization – DISCARD
Hospital Clinic de Barcelona Barcelona, Spain Maria Pellisé Urquiza

IS02-3. The clinical importance of SSA/P(SSL)
University Hospitals Leuven, Leuven, Belgium Raf Bisschops

IS02-4. Polyp characterization traditional serrated polyp(Traditional Serrated Adenoma)
Department of Gastroenterology, Juntendo University School of Medicine, Tokyo, Japan Takashi Murakami

IS02-5. AI diagnosis in colonoscopy using deep learning
Endoscopy Division, National Cancer Center Hospital, Tokyo, Japan Masayoshi Yamada

IS02-6. Polyp characterization(JGES)J-NET NICE
Department of Gastroenterology and Hepatology, Gunma University Graduate School of Medicine, Japan Toshio Uraoka

IS02-7. Polyp characterization using the JNET-classification – ESGE
Academic Medical Center, the Netherlands Evelyn Dekker
JGES-Asian International-WEO Joint Symposium - with the JGES-KSGE
*English Session
“Update on endoscopic biliary stenting”
5月14日(土)13:00-14:30 ENDO2022 Track 2/Room E2(国立京都国際会館 2 階 Room B-1)


Moderators:
University of Toyama, Japan Ichiro Yasuda
CHA University Gangnam Medical Center, Korea Joo Young Cho
Mayo Clinic Arizona, U.S.A. Douglas Faigel

IS01-1. Endoscopic biliary stenting for resectable or borderline-resectable pancreatic cancer
Teine Keijinkai Hospital, Japan Akio Katanuma

IS01-2. Endoscopic biliary drainage in pancreatic cancer patients with a gastroduodenalstent
The University of Tokyo, Japan Yousuke Nakai

IS01-3. Endoscopic biliary stenting for benign biliary stricture
Changi General Hospital, Singapore Tiing-Leong Ang

IS01-4. Endoscopic biliary stenting for hilar biliary stricture
SoonChunHyang University School of Medicine, Cheonan Hospital, Korea Tae Hoon Lee

IS01-5. EUS-guided biliary drainage versus ERCP for malignant biliary obstruction
Seoul National University Hospital, Korea Woo Hyun Paik

IS01-6. Endoscopic biliary drainage in patients with surgically-altered anatomy
Well Cornell Medicine & Center for Advanced Digestive Care, New York Presbyterian Hospital, New York, U.S.A. David Carr-Locke

IS01-7. Adverse events related to endoscopic biliary stenting
The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong Anthony Teoh
JGES-CSDE-WEO Joint Symposium
*English Session
“Cutting edge of minimally invasive endoscopic therapy in Asia”
5月15日(日)13:00-14:30 ENDO2022 Track 2/Room E2(国立京都国際会館 2 階 Room B-1)


Moderators:
Kanazawa Medical University, Japan Toru Ito
Chinese PLA General Hospital, China Enqiang Linghu
Institute Arnault Tzanck, France Jean-François Rey
Commentator Changhai Hospital, Second Military Medical University, China Zhendong Jin

IS04-1. Cutting Edge of Minimally Invasive Endoscopic Therapy in Upper-GI tract
Chinese PLA General Hospital, Beijing, China Ningli Chai

IS04-2. Cutting Edge of Minimally Invasive Endoscopic Therapy in the GI tract(Upper & Lower)
Mayo Clinic, U.S.A. Christopher J. Gostout

IS04-3. Cutting Edge of Minimally Invasive Endoscopic Therapy in Lower-GI tract
Drum Tower Hospital Nanjing University, Nanjing, China Xiaoping Zou

IS04-4. Cutting Edge of Minimally Invasive Endoscopic Therapy in GI tract(upper & lower)
Toranomon Hospital, Japan Shu Hoteya

IS04-5. Cutting Edge of Minimally Invasive Endoscopic Therapy in pancreo-biliary tract
Peking Union Medical College Hospital, Beijing, China Aiming Yang

IS04-6. Cutting Edge of Minimally Invasive Endoscopic Therapy in pancreaticobiliary tract
Kanazawa Medical University Hospital, Japan Tsuyoshi Mukai

IS04-7. Adverse events related to Minimally Invasive Endoscopic Therapy
Chinese PLA General Hospital, Beijing, China Enqiang Linghu

IS04-Special remarks
Shenjing Hospital of China Medical University, China Siyu Sun

【主題セッション 全体】

全体1 シンポジウム6
「内視鏡診療における鎮静に関するガイドラインを検証する」
5月14日(土) 08:30-10:30  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

司会
後藤田 卓志(日本大学医学部 内科学系消化器肝臓内科学分野)
島谷 昌明(関西医科大学総合医療センター 消化器肝臓内科)
全体2 ワークショップ2
「内視鏡検査・周術期管理のピットフォールと標準化」 
5月13日(金) 08:30-10:30 第5会場 (国立京都国際会館 1階 スワン)

司会
田邉 聡(北里大学医学部 新世紀医療開発センター)
松田 浩二(静岡医療センター 消化器内科)

コメンテーター、特別発言
小澤 章子(静岡医療センター 麻酔科)
コメンテーター
中村 真一(東京女子医科大学 消化器内科)
全体3 シンポジウム3
「新型コロナウイルス蔓延下における消化器内視鏡」
5月13日(金) 14:00-16:00 第5会場 (国立京都国際会館 1階 スワン)

司会
加藤 元嗣(公益財団法人北海道対がん協会)
春日井 邦夫(愛知医科大学 消化管内科)
全体4 ワークショップ14
「小児内視鏡の現況と課題」 
5月15日(日) 12:20-14:20 第8会場 (国立京都国際会館 1階 Room C-1)

司会
堀内 朗(昭和伊南総合病院 消化器病センター)
新井 勝大(国立成育医療研究センター 消化器科)
全体5 ワークショップ6
「希少疾患に対する内視鏡の役割」
5月14日(土) 14:00-16:00 第4会場 (国立京都国際会館 1階 Room E)

司会
内藤 裕二(京都府立医科大学附属病院 内視鏡・超音波診療部)
穂苅 量太(防衛医科大学校 消化器内科)

基調講演
仲瀬 裕志(札幌医科大学医学部 消化器内科学講座)
全体6 ワークショップ12
「消化管腫瘍に対する術中内視鏡と腹腔鏡を融合した治療戦略」
5月15日(日) 12:20-14:20 第6会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール1)

司会
川久保 博文(慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科)
森田 圭紀(神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター 消化器内科)
全体7 ワークショップ5
「Next Endoscopy - 消化器内視鏡技術開発のBreak through」
5月14日(土) 08:30-10:30 第4会場 (国立京都国際会館 1階 Room E)

司会
炭山 和毅(東京慈恵会医科大学 内視鏡医学講座)
前畑 忠輝(聖マリアンナ医科大学 消化器・肝臓内科)

コメンテーター
中島 清一(大阪大学大学院医学系研究科 次世代内視鏡治療学共同研究講座)

【主題セッション 上部】

上部1 JGES Core Session1
「Advanced Diagnostic Endoscopy: AI・CAD」
5月13日(金) 08:30-10:30  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

司会
矢野 友規(国立がん研究センター東病院 消化管内視鏡科)
平澤 俊明(がん研究会有明病院 消化器内科)

前回報告
河合 隆(東京医科大学 消化器内視鏡学)

特別発言(学術委員)
藤城 光弘(東京大学大学院医学系研究科 消化器内科学)
上部2 シンポジウム8
「上部消化管の内視鏡診断の最近の知見」
5月14日(土) 14:00-16:00 第2会場 (国立京都国際会館 1階 さくら)

司会
八尾 建史(福岡大学筑紫病院 内視鏡部)
上堂 文也(大阪国際がんセンター 消化管内科)
上部3 シンポジウム2
「機能性上部消化管疾患の診断と治療」
5月13日(金) 14:00-16:00 第4会場 (国立京都国際会館 1階 Room E)

司会
伊原 栄吉(九州大学大学院医学研究院 病態制御内科学)
正岡 建洋(国際医療福祉大学三田病院 消化器内科)
上部4 シンポジウム11
「胃癌内視鏡検診における現況と将来」
5月15日(日) 09:00-11:00 第2会場 (国立京都国際会館 1階 さくら)

司会
伊藤 公訓(広島大学病院 総合内科・総合診療科)
間部 克裕(淳風会健康管理センター倉敷)

特別発言
鈴木 秀和(東海大学医学部 内科学系 消化器内科学領域)
上部5 パネルディスカッション5
「上部消化管腫瘍に対する内視鏡治療はどこまで適応を拡大できるか?」
5月14日(土) 08:30-10:30 第5会場 (国立京都国際会館 1階 スワン)

司会
石原 立(大阪国際がんセンター 消化管内科)
小田 一郎(総合川崎臨港病院 内科)
上部6 パネルディスカッション4
「十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療」
5月14日(土) 14:00-16:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

司会
矢作 直久(慶應義塾大学医学部 腫瘍センター)
豊永 高史(神戸大学医学部附属病院 光学医療診療部)
上部7 ワークショップ13
「2cm未満の胃粘膜下腫瘍に対する診断、治療戦略」
5月15日(日) 09:00-11:00 第7会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール2)

司会
有馬 美和子(上尾中央総合病院 消化器内科)
岡田 裕之(姫路赤十字病院 院長)
上部8 ワークショップ4
*English Session
“Diagnosis and Treatment Strategies for Barrett’s esophageal adenocarcinoma -cutting edge from all over the world”
「食道胃接合部癌の診断・治療方針 最新の知見」 
5月13日(金) 13:00-14:30  ENDO2022 Track 3/Room E3(国立京都国際会館 2 階 Room B-2)

Moderators
Tsuneo Oyama(Saku Central Hospital Advanced Care Center, Japan)
Toshiro Iizuka(Department of Gastrointestinal Endoscopy, Tokyo Metropolitan Cancer and Infectious Diseases Komagome Hospital, Japan)
David Carr-Locke(New York-Presbyterian/Weill Cornell Medical Center, U.S.A.)

Keynote Lecturer
Helmut Messmann(Department of Gastroenterology, University Hospital Augsburg, Germany)
上部9 ワークショップ3
「表在型非乳頭部十二指腸腫瘍の内視鏡診断」
5月13日(金) 14:00-16:00 第6会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール1)

司会
郷田 憲一(獨協医科大学病院 消化器内視鏡センター)
加藤 元彦(慶應義塾大学医学部 腫瘍センター)

基調講演、病理コメンテーター
九嶋 亮治(滋賀医科大学 医学部 病理学講座)

【主題セッション 下部】

下部1 JGES Core Session3
「AIを用いた下部内視鏡診断の現況と課題」
5月15日(日) 09:00-11:00 第4会場 (国立京都国際会館 1階 Room E)

司会
久津見 弘(滋賀医科大学医学部附属病院 臨床研究開発センター)
田中 聖人(京都第二赤十字病院 消化器内科/医療情報室)

前回報告
山野 泰穂(札幌医科大学医学部 消化器内科学講座)

特別発言(学術委員)
久松 理一(杏林大学医学部 消化器内科学)
下部2 パネルディスカッション7
「大腸T1癌に対する治療の課題と可能性」
5月14日(土) 08:30-10:30 第7会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール2)

司会
田中 信治(広島大学大学院医系科学研究科 内視鏡医学)
竹内 洋司(大阪国際がんセンター 消化管内科)

基調講演
樫田 博史(近畿大学医学部 消化器内科)
下部3 シンポジウム7
「カプセル内視鏡の今後を考える(検診や実地医療の発展にむけて)」
5月14日(土) 08:30-10:30 第2会場 (国立京都国際会館 1階 さくら)

司会
大宮 直木(藤田医科大学 先端光学診療学講座)
細江 直樹(慶應義塾大学医学部 内視鏡センター)
下部4 シンポジウム4
「UC診療における内視鏡の役割」
5月13日(金) 08:30-10:30 第6会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール1)

司会
久松 理一(杏林大学医学部 消化器内科学)
長沼 誠(関西医科大学 内科学第三講座)
下部5 パネルディスカッション8
「IBD関連腫瘍の最新知見」
5月14日(土) 14:00-16:00 第7会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール2)

司会
松本 主之(岩手医科大学 内科学講座消化器内科消化管分野)
松岡 克善(東邦大学医療センター佐倉病院 消化器内科)
下部6 パネルディスカッション3
「大腸内視鏡診療トレーニングにおける課題と工夫」
5月13日(金) 14:00-16:00 第7会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール2)

司会
山野 泰穂(札幌医科大学医学部 消化器内科学講座)
岡 志郎(広島大学病院 消化器•代謝内科)
下部7 パネルディスカッション9
「大腸内視鏡スクリーニングにおける工夫と課題」
5月15日(日) 12:20-14:20 第2会場 (国立京都国際会館 1階 さくら)

司会
今枝 博之(埼玉医科大学 消化管内科)
松田 尚久(東邦大学医療センター大森病院 消化器内科)
下部8 ワークショップ11
「大腸腫瘍に対する内視鏡診断・治療の将来展望」
5月15日(日) 09:00-11:00 第6会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール1)

司会
佐野 寧(佐野病院 消化器センター)
浦岡 俊夫(群馬大学大学院医学系研究科 内科学講座消化器・肝臓内科学)

基調講演
森 悠一(昭和大学横浜市北部病院)
下部9 ワークショップ7
「消化管診療におけるdevice assisted endoscopyの発展に向けて」
5月14日(土) 14:00-16:00 第5会場 (国立京都国際会館 1階 スワン)

司会
大塚 和朗(東京医科歯科大学病院 光学医療診療部)
平井 郁仁(福岡大学医学部 消化器内科学講座)

基調講演
矢野 智則(自治医科大学 内科学講座 消化器内科学部門)
下部10 ワークショップ1
「大腸癌化学放射線療法における内視鏡診断」
5月13日(金) 08:30-10:30 第4会場 (国立京都国際会館 1階 Room E)

司会
石原 聡一郎(東京大学医学部  腫瘍外科・血管外科)
千野 晶子(がん研究会有明病院 下部消化管内科)

基調講演
浜本 康夫(慶應義塾大学医学部 腫瘍センター)
下部11 シンポジウム9
*English Session
“Optimizing the monitoring strategy of Crohn’s disease”
「クローン病モニタリングの最適化」
5月14日(土) 09:00-10:30 ENDO2022 Track 4/Room E4(国立京都国際会館 5 階 Room 510)

Moderators
Masayuki Saruta(Division of Gastroenterology and Hepatology, Internal Medicine, The Jikei University School of Medicine, Japan)
Taku Kobayashi(Center for Advanced IBD Research and Treatment, Kitasato University Kitasato Institute Hospital, Japan)
Nalini M. Guda(Aurora Health Care, U.S.A.)

Commentator
Bruce E. Sands(Mount Sinai, U.S.A.)

Keynote Lecturer
Shu Chen Wei(Department of Internal Medicine, National Taiwan University Hospital, Taipei, Taiwan)

Designated Speaker
Raf Bisschops (University Hospitals Leuven, Belgium)

【主題セッション 胆膵】

胆膵1 JGES Core Session2
「Interventional EUS: 適応と限界」
5月15日(日) 09:00-11:00  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

司会
糸井 隆夫(東京医科大学 消化器内科)
伊佐山 浩通(順天堂大学大学院医学研究科 消化器内科学)

前回報告
木田 光広(北里大学医学部 消化器内科)

特別発言(学術委員)
五十嵐 良典(東邦大学医療センター大森病院 消化器内科)
胆膵2 シンポジウム5
「IgG4関連疾患の診断・治療における胆膵内視鏡の現状と問題点」
5月13日(金) 08:30-10:30 第7会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール2)

司会
児玉 裕三(神戸大学大学院医学研究科 内科学講座消化器内科学分野)
岩崎 栄典(慶應義塾大学医学部 消化器内科)
胆膵3 シンポジウム1
「胆管結石治療困難例への治療戦略」 
5月13日(金) 08:30-10:30 第2会場 (国立京都国際会館 1階 さくら)

司会
植木 敏晴(福岡大学筑紫病院 消化器内科)
竹中 完(近畿大学医学部 消化器内科)
胆膵4 シンポジウム10
*English Session
“New development of endoscopic ultrasound in digestive disease”
「消化器疾患における超音波内視鏡診断の新展開」
5月14日(土) 13:00-14:30  ENDO2022 Track 3/Room E3(国立京都国際会館 2 階 Room B-2)

司会
Atsushi Irisawa(Dokkyo Medical University, Japan)
Susumu Hijioka(National Cancer Center Hospital, Japan)
Luis Sabbagh(Department of Gastroenterology, Clínica Reina Sofía, Bogota, Colombia)

Disignated Speakers
Marc Giovanini (Institut Paoli Calmettes, France)
Luis Sabbagh (Clinica Reina Sofia, Columbia)
Michael Wallace (Sheikh Shakhbout Medical City, U.A.E.)
胆膵5 パネルディスカッション6
「鑑別困難な胆道病変に対する内視鏡診断」
5月14日(土) 08:30-10:30 第6会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール1)

司会
良沢 昭銘(埼玉医科大学国際医療センター 消化器内科)
塩見 英之(兵庫医科大学 消化器内科学 肝胆膵内科)
胆膵6 パネルディスカッション2
「十二指腸乳頭部腫瘍に対する診断の工夫と治療選択」
5月13日(金) 14:00-16:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

司会
潟沼 朗生(手稲渓仁会病院 消化器病センター)
土屋 貴愛(東京医科大学 消化器内科)
胆膵7 パネルディスカッション1
「内視鏡的胆道ドレナージ術の進歩と課題」
5月13日(金) 14:00-16:00 第2会場 (国立京都国際会館 1階 さくら)

司会
木田 光広(北里大学 消化器内科)
中井 陽介(東京大学医学部附属病院 光学医療診療部)
胆膵8 ワークショップ9
「胆膵関連内視鏡検査、治療におけるトラブルシューティング」
5月15日(日) 12:20-14:20  第1会場 (国立京都国際会館 メインホール)

司会
五十嵐 良典(東邦大学医療センター大森病院 消化器内科)
土岐 真朗(杏林大学医学部 消化器内科学)
胆膵9 パネルディスカッション10
「EUS-FNA診療の新展開」
5月15日(日) 12:20-14:20 第7会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール2)

司会
原 和生(愛知県がんセンター 消化器内科)
小倉 健(大阪医科薬科大学 内科学第II教室)
胆膵10 ワークショップ8
「膵疾患における内視鏡診療の役割」
5月14日(土) 14:00-16:00 第6会場 (国立京都国際会館 1階 アネックスホール1)

司会
花田 敬士(JA広島厚生連尾道総合病院 消化器内科)
岩下 拓司(岐阜大学医学部附属病院 第一内科)
胆膵11 ワークショップ10
「Borderline resectable膵癌に対する内視鏡診療と外科的治療との連携」
5月15日(日) 09:00-11:00 第5会場 (国立京都国際会館 1階 スワン)

司会
北野 雅之(和歌山県立医科大学 内科学第二講座)
北郷 実(慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科)

【会長特別企画】

会長特別企画1 若手内視鏡医 優秀演題日本一決定戦
5月13日(金)14:00-16:00 第8会場 (国立京都国際会館 1階 Room C-1)

司会
髙林 馨(慶應義塾大学医学部 内視鏡センター)
福原 誠一郎(独立行政法人国立病院機構 東京医療センター 消化器内科)
会長特別企画2 研修医、専修医向け臨床推論セッション
(ドクターガストロ内視鏡学会Version)
5月14日(土)14:00-16:00 第8会場 (国立京都国際会館 1階 Room C-1)

司会
矢島 知治(杏林大学医学部 医学教育学)
岸野 真衣子(東京女子医科大学 消化器内視鏡科)

日本消化器病学会関東支部専門医セミナーで年2 回定期開催され、好評を得ている研修医、専修医向けの臨床推論セッション「ドクターガストロ~臨床推論からの消化器病学~」を第103 回日本消化器内視鏡学会総会でも開催いたします。
問診や身体診察で得られた情報をもとに、どのように診断を進めていくべきなのか、また、内視鏡学会ならではの、内視鏡所見も含めた診断ディスカッションを展開します。

出場選手は、研修医1 ~ 2 年目、後期レジデント3 ~ 5 年目の医師です。

石井 美凪(深谷赤十字病院 消化器科)
石川 慶朋(日本大学医学部附属板橋病院 消化器肝臓内科)
江川 隆英(東京医科歯科大学 消化器内科)
地主 龍平(埼玉医科大学国際医療センター 消化器内科)
谷本 裕太(山梨大学医学部附属病院 消化器内科)
中畑万里子(北里大学医学部 消化器内科)
松崎 綾音(東京大学医学部附属病院 消化器内科)
和田 邦宏(由利組合総合病院 初期研修医)

【附置研究会】

第3回Helicobacter pylori未感染と除菌後時代の胃癌発見に役立つ内視鏡診断の構築
5月15日(日) 12:30-15:00 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

代表世話人
藤崎 順子(がん研究会有明病院 上部消化管内科)
第3回胃粘膜下腫瘍の内視鏡切除に関する研究会
5月15日(日) 12:30-15:00 第4会場 (国立京都国際会館 1階 Room E)

代表世話人
上堂 文也(大阪国際がんセンター 消化管内科)
第2回内視鏡的胆道ドレナージの評価基準作成に関する研究会
5月15日(日) 12:30-15:00 第5会場 (国立京都国際会館 1階 スワン)

代表世話人
伊佐山 浩通(順天堂大学大学院医学研究科 消化器内科学)

【附置研究会・成果報告】

A型胃炎の診断基準確立に関する研究会
5月15日(日) 12:20-12:30 第3会場 (国立京都国際会館 1階 Room D)

代表世話人
鎌田 智有(川崎医科大学 健康管理学)

→会長特別企画 詳細はこちら(PDF)

→主題セッション 詳細はこちら(PDF)

→一般演題(口演)詳細はこちら(PDF)

→共催セミナー 詳細はこちら(PDF)

→"サテライトシンポジウム「胃と腸」大会資料"
詳細はこちら(PDF)