総額10万円超が貰える▶入金不要ボーナス

    リンかけ スマスロの天井狙い!天井期待値・狙い目・ゾーン・やめどき・ハイエナ条件

    リンかけ スマスロの天井狙い!天井期待値・狙い目・ゾーン・ヤメ時・ハイエナ条件


    『L リングにかけろ1 V』(エフ)は、天井狙いにおいて狙い目とやめどきが明確であるため、扱いやすい機種と言えます。このゲームは、特定のゲーム数を超えると高確率でボーナスが発生する「天井機能」が設定されており、これを利用した戦略が効果的に働きます。

    天井狙いのポイントがはっきりしているため、計画的にプレイすることで効率良く利益を出すことが可能です。そのため、稼働率が高いホールにこの機種があれば、プレイヤーにとっては非常に有利です。近くにそのようなホールがある場合は、特におすすめの選択肢となるでしょう。高稼働のホールでは、他のプレイヤーが放置した可能性のある状態からスタートすることも多く、有利な立ち回りが期待できます。

    目次

    天井到達条件

    項目内容
    天井到達条件1通常時999G消化
    天井到達条件2ブーメランラッシュ間1500G消化以降のボーナス当選

    天井には2つのタイプがあります。

    一つ目は、通常状態で999ゲームを消化するタイプです。

    もう一つは、ブーメランラッシュ(以下ST)期間中に1500ゲームを消化した後のボーナス当選で発動します。この天井2は1500ゲームを消化したらすぐに発動するわけではないので、この点を誤解しないよう注意が必要です。

    設定変更時の挙動 / 電源OFF→ON時の挙動

    項目設定変更後電源OFF→ON
    天井1までのゲーム数リセット(短縮)引き継ぐ
    天井2までのゲーム数リセット引き継ぐ
    内部状態リセット引き継ぐ
    有利区間非有利区間へ引き継ぐ
    液晶ステージロードワーク(昼)ロードワーク(昼)

    設定変更とリセット時には以下の利点がありますが、それぞれの効果は限定的です。

    • 約25%の確率で、チャレンジゾーン(竜児ボーナス後やST後と同じ状態)からスタートする
    • 天井1(ボーナス間の天井)が通常の999ゲームから666ゲームに短縮される
    • リーチ目が高確率状態からスタートする可能性がある
    • リーチ目への高確率移行の確率が優遇される
    • 青チェリーがリーチ目高確率に移行するまでの必要回数が30回以下になる

    ただ、これらの特典は全体的に影響が小さいため、特に強く狙ってプレイするほどの魅力はありません。設定変更時のオマケとして考えるのが適切です。

    天井ゲーム数の振り分け

    ▼竜児ボーナス後の天井ゲーム数振り分け

    設定999G666G
    193.75%6.25%
    292.97%7.03%
    392.19%7.81%
    489.06%10.94%
    581.25%18.75%
    675.00%25.00%

    設定が高くなるほど、竜児ボーナス後の天井が666ゲームになる確率が高まります。特に設定6では、約4回に1回の割合で666ゲームが選ばれると期待できます。

    ▼ブーメランラッシュ終了後の天井ゲーム数振り分け

    設定999G666G
    175.00%25.00%
    274.22%25.78%
    373.44%26.56%
    471.88%28.13%
    562.50%37.50%
    650.00%50.00%

    ブーメランラッシュ終了後においても、高設定になるほど天井ゲーム数が優遇される傾向があります。最高設定の場合、半数のシナリオで天井が666ゲームに設定されることが期待されます。

    天井恩恵

    項目内容
    天井到達時の恩恵1ボーナス当選
    天井到達時の恩恵2同色BIG以上の当選

    天井1では、ボーナスが当選します。一方、天井2は、同色BIG以上に必ず当たりますので、消化後は確実にST(ブーメランラッシュ)に突入することになります。

    スロットおすすめについては下記を参考に!

    オンカジ スロットについては下記を参考に!

    天井期待値

    狙い目ラインを適切に守ることで、時給2000円程度の収益が期待できます。しかし、この計算はボーナス当選時の振り分け率が明確でないため、保守的に見積もられています。大半が竜児ボーナスとして振り分けられますが、チャレンジゾーンの存在が振り分け率に変動をもたらすため、天井1を狙う際にはかなりの余裕を持っています。そのため、実際の時給は2000円を超える可能性が高いです。

    狙い目

    天井1狙いの場合

    等価交換や5.6枚交換の場合、持ちメダル遊技では650ゲームから、現金投資では700ゲームから狙うのが良いです。

    天井2狙いの場合

    等価交換や5.6枚交換の場合、持ちメダル遊技と現金投資に関係なく、ST間1100ゲームから狙います。

    ST間のハマリゲーム数はメニュー画面で確認可能です。この情報をチェックする習慣を身につけることが重要です。

    また、竜児ボーナス後やST終了後に早期にゲームを終了している台があれば、その台はチャレンジゾーンに滞在している可能性が高いため、特に狙い目です。その場合、チャレンジゾーンが終了する50ゲームプラスアルファを回すことが推奨されます。これにより、利益を最大化できる可能性があります。

    スロットおすすめについては下記を参考に!

    オンカジ スロットについては下記を参考に!

    天井到達までの想定投資額&想定時間

    打ち始めG数投資枚数時間
    0G~約1600枚約71分
    700G~約500枚約21分
    800G~約350枚約14分
    900G~約200枚約7分
    50枚あたり約31.5Gで算出 1分あたり14Gで算出

    表内の数値は、天井1を狙う際のガイドラインとして設定されています。

    一方で、天井2を狙う場合、プレイヤーは基本的に自力でボーナスを引き当てることが求められます。そのため、天井1のゲーム数に基づいた表の数値は天井2を狙う際には適用されません。

    やめどき

    天井1狙いの場合

    • 打ち始めたゲーム数
    • ボーナスまでに消費したゲーム数
    • チャレンジゾーンの50G

    これらを合計すると、多くの場合、天井2の狙い目に到達している可能性があります。このため、ゲームを終了する前には、必ずメニュー画面を開いてST間のハマリゲーム数を確認することが重要です。

    天井2狙いの場合

    たとえ早期にボーナスが当たりSTに突入しなかったとしても、STに入るまではゲームを続けるべきです。STに突入することが確定するまでは絶対にゲームをやめてはならないという原則があります。これにより、より大きな収益機会を逃さないようにします。

    まとめ

    天井1を狙う場合、しばしば天井2も視野に入れた柔軟なプレイが求められます。天井1を最深部まで追求すると、その時点でのST間ハマリが1050ゲームに達することがあります。また、最深部に至らなくても、その前のボーナスがSTに突入しなかった場合、ST間ハマリが1000ゲーム程度になるケースも珍しくありません。

    ST間で1000ゲームがハマっている状況は、時給2000円には届かないものの、期待値的にはプラスになり得るため、他のプレイヤーにとっては魅力的なハイエナチャンスとなります。このため、あまり欲張りすぎずに遊ぶプレイヤーには特に適した選択となることがあります。

    この状況を踏まえると、天井1を狙うのをやめて、天井2のみを狙うという戦略も一つの選択肢です。このアプローチでは打てる機会は減少しますが、立ち回りが簡単になるという利点があります。より計算しやすく、明確な戦略を追求することが可能になるため、経験が少ないプレイヤーやシンプルな戦略を好むプレイヤーには特に有効かもしれません。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次