プログラム・日程表

日程表6/12(金)日程表6/13(土)プログラム6/12(金)プログラム6/13(土)

シンポジウムの全演者はこちらからダウンロードしてください。

◆ 基調講演

6月12日(金)9:00~9:30

宮﨑 久義(日本医療マネジメント学会理事長)
「日本医療マネジメント学会の取り組みと今後の展開-温故創新-」
◆ 会長講演

6月12日(金)9:40~10:40

山根 哲郎(パナソニック健康保険組合松下記念病院院長)
「医療における不易流行 ~あるべき“こころ”を求めて~」
◆ 招待講演

6月12日(金)13:10~14:20

稲盛 和夫(京セラ株式会社名誉会長)
「なぜ医療に哲学が必要か」

6月13日(土)13:20~14:30

百田 尚樹(作家)
「日本人の誇り」

6月13日(土)10:20~11:30

堀澤 祖門(三千院門主)
「枠を破る」
◆ 特別講演

6月12日(金)14:30~15:40

岩尾 總一郎(日本尊厳死協会理事長)
「安らかな看取りを阻むもの~日本における現状と法制化~」

6月12日(金)15:50~17:00

佐々木昌弘(厚生労働省医政局地域医療計画課 医師確保等地域医療対策室長)
「医療法改正から1年、これからの医療」

6月12日(金)10:40~11:40

豊田 百合子(日本医療マネジメント学会大阪支部支部長、大阪保健福祉専門学校副学校長)
「チーム医療の課題~看護と介護の連携教育にみるケア~」
◆ 教育講演

6月13日(土)9:00~10:10

力石 寛夫(トーマス アンド チカライシ株式会社代表取締役)
「医療産業からホスピタリティ産業へ」
◆ 市民公開講座

6月13日(土)16:00~17:00

黒柳 徹子(女優・ユニセフ親善大使)
「私が出会った世界の子どもたち」
◆ 教育セミナー
①電子化クリティカルパスの有効活用6月12日(金)15:10~17:10
座長 津村 宏(東京医療保健大学教授)
講師 片渕 茂(国立病院機構熊本医療センター副院長)
「電子化クリティカルパスのメリットとデメリット」
勝尾 信一(福井総合病院副院長)
「電子化クリティカルパスのアウトカム評価」
②医療安全管理6月13日(土)13:10~15:10

【申込期限】5月22日(金)17時00分 申込を締め切りました

座長・司会 長谷川 友紀(東邦大学医学部教授)
講師 長谷川 友紀(東邦大学医学部教授)
「医療安全の基本概念と最近の動向」
柳川 達生(練馬総合病院副院長)
「RCA(根本原因分析)の概要」
柳川 達生(練馬総合病院副院長)
「RCAの実際-事例解析」
アシスタント:藤田 茂(東邦大学医学部助教)

※教育セミナー②への参加は、事前参加登録制です。 申込を締め切りました

◆ シンポジウムシンポジウムの全演者はこちらからダウンロードしてください。
①リハビリテーション領域におけるリスクマネジメン卜
 ~急性期から地域まで~6月12日(金)9:00~11:00
座長 宮越 浩一(亀田総合病院リハビリテーション科部長)
森 明子(兵庫医療大学リハビリテーション学部理学療法学科講師)
②医療の質を定量評価する
 ~QIを用いたマネジメントの実際~6月12日(金)9:00~11:00
座長 池田 俊也(国際医療福祉大学大学院 教授)
小林 美亜(千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部 特任准教授)
③クリティカルパスの未来に向かって6月12日(金)9:00~11:00
座長 坂本 すが(公益社団法人日本看護協会 会長)
野村 一俊(朝日野総合病院 病院長)
④人材育成の在り方
~各職種からの提言~6月12日(金)9:00~11:00
座長 清水 貴子(聖隷浜松病院人材育成センター副センタ―長)
嶋森 好子(公益社団法人東京都看護協会会長)
⑤医師事務作業補助者
 「チーム医療を担う一員として~他職種との役割分担と連携~」6月12日(金)13:10~15:10
座長 松島 照彦(実践女子大学大学院生活科学研究科教授)
中村 雅彦(松本市立病院副院長)
⑥2025年度モデルを見据えた地域連携を考える6月12日(金)13:10~15:10
座長 武藤 正樹(国際医療福祉大学大学院教授)
下村 裕見子(北里大学大学院医療系臨床医科学群精神科学)
⑦「特定行為研修制度」と「地域医療連携」
 ~特定行為研修制度による地域医療における未来像~6月12日(金)13:10~15:10
座長 洪 愛子(公益社団法人日本看護協会常任理事)
大浦 紀彦(杏林大学医学部形成外科学教室兼担教授)
⑧薬剤師の病棟常駐による成果と展望
 ~真のチーム医療の担い手として~6月12日(金)15:10~17:10
座長 堀内 龍也(日本病院薬剤師会顧問)
林 昌洋(虎の門病院薬剤部部長)
⑨医療安全文化の醸成に向けて
 ~多職種チームで磨くリスク感性~6月13日(土)9:00~11:00
座長 長尾 能雅(名古屋大学医学部附属病院副院長、医療の質・安全管理部教授)
荒井 有美(北里大学病院医療の質・安全推進室医療安全管理者・看護係長)
⑩地域包括ケア時代
 ~生活を途切れささない病院改革へのチーム医療マネジメント~6月13日(土)9:00~11:00
座長 櫃本 真聿(愛媛大学医学部附属病院総合診療サポートセンター センター長)
宇都宮 宏子(在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス)
⑪地域で取り組む感染防止対策
 ~施設間での協力・支援体制の実際~6月13日(土)9:00~11:00
座長 宮良 高維(関西医科大学内科学第一講座診療教授、
関西医科大学附属枚方病院呼吸器・感染症内科科長、同院感染制御部部長)
今本 治彦(近畿大学医学部外科学内視鏡外科部門 教授)
⑫有害事象の対応
 ~院内事故調査と医療メディエーション~6月13日(土)13:10~15:10
座長 和田 仁孝(早稲田大学大学院法務研究科教授)
中西 淑美(国立大学法人山形大学医学部総合医学教育センター准教授)
⑬抗がん剤の曝露対策
 ~医療従事者・患者・家族への曝露の危険性と推奨事項~6月13日(土)13:10~15:10
座長 中西 弘和(同志社女子大学薬学部臨床研究センター教授、抗がん剤曝露対策協議会理事)
橋田 亨(神戸市立医療センター中央市民病院院長補佐・薬剤部長)
◆ 一般演題(口演・ポスター)… 公募
◆ クリティカルパス展示 … 公募
◆ ランチョン・モーニング・ティータイム・イブニングセミナー