総額10万円超が貰える▶入金不要ボーナス

    オンラインポーカーは違法?事例もあげて徹底解説!【2024年最新情報】

    オンラインポーカーは違法か合法か?事例もあげて徹底解説!【2024年最新情報】

    オンラインポーカーが違法なのかそれとも合法なのか、その疑問に答えるためには、日本の法律体系とオンラインポーカーの運営実態を理解する必要があります。

    この記事では、日本では賭博法により賭け事が基本的に禁止されているなか、オンラインポーカーが日本の賭博法に抵触するのかを解説しています。
    なお、WPT Global(WPTグローバル)は「フリーロール」と呼ばれる無料で参加可能な賞金が獲得できるトーナメントに参加可能で、合法的にプレイできるオンラインカジノアプリなのでおすすめです。

    ▼WPT Global(WPTグローバル)の詳しく紹介しています!

    当サイト経由で最大1200ドルボーナス

    簡単1分で入力完了!

    オンラインポーカーランキングについては下記を参考に!

    目次

    オンラインポーカーは違法か合法かの結論

    poker

    オンラインポーカーはリアルマネーでプレイすると違法

    日本は賭博罪によってギャンブルをすることは公営の競馬や競輪、宝くじなどを除いて違法されています。そのことから、オンラインポーカーもギャンブルとしてプレイした場合は違法となります。

    オンラインポーカーサイトでは多くの場合、プレイマネーと呼ばれる換金性のないチップを利用して遊べるモードが搭載されています。このモードでプレイする分には賭博罪は適用されず、安心してプレイすることが可能です。

    しかし、国内で海外のオンラインポーカーをリアルマネーでプレイした場合はギャンブルとしてプレイしたこととなり、賭博罪が適用されます。

    警視庁や消費者庁は日本国内から海外に拠点を置くオンラインカジノにアクセスし、ギャンブルとしてプレイした場合は犯罪として明確に判断し、検挙を行っています。

    オンラインポーカーは安全にプレイできるよう合法化されるのか

    オンラインポーカーが違法として検挙されることがあるのは、日本ではオンラインポーカーのようなギャンブルが明確に違法性がないと明記された法律が存在しないため、このような状況になっています。

    しかし、オンラインギャンブルの普及と共に、合法化に向けた議論が活発化しています。合法化によって、適切な規制が導入され、プレイヤー保護が強化されるとともに、国による監視と税収の増加が期待されます。合法化への道は複雑ですが、公正で安全なオンラインポーカー環境を実現するための重要なステップとなるでしょう。

    WPT Globalは合法的に遊べて賞金も出るフリーロールに参加できる

    ご紹介するオンラインポーカーアプリ「WPT GLOBAL」は、通常のトーナメントとは異なり、参加するためにバイイン(エントリーフィー)が必要ではないです。つまり、参加料の支払いがないため、無料でプレイでき、賭博罪の適応も受けることがないためおすすめです。

    また、いい口コミも多く、完全日本語対応となっておりますので安心してポーカーをプレイすることができるのでおすすめです。

    WPTグローバルとは

    WPT グローバル

    「ポーカー愛好家にとって理想的なオンラインプラットフォーム」を提供する、ワールドポーカーツアーの公式アプリです。

    • カジノゲームも遊べる: WPT Globalは、ポーカーだけでなく、カジノゲームやテーブルゲームなど、多様なゲームを提供しています。
    • デバイス対応と言語サポート: PCだけでなく、iPhoneやAndroidデバイスにも対応しており、日本語サポートもあります。
    • ボーナスとプロモーション: 毎日開催のフリーロールがあり、初回入金ボーナスは最大1,200ドル(約16万円)の100%マッチボーナスを提供し、友達招待ボーナスや期間限定ボーナスなどもあります。

    おすすめポイント

    WPT Globalは、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーに適したオンラインポーカープラットフォームです。特に日本のユーザーにとっては、日本語対応という点で非常にアクセスしやすい環境が提供されています。

    中華圏のユーザーが多く、初心者も相当数含まれるため、いわゆるフィッシュ(ポーカー用語で言うカモのこと)が他のオンラインポーカーよりも多いという特徴もあります。つまり、稼ぎやすいということです。

    WPT GLOBALでは毎日開催のフリーロールがあるためお金を賭けずに合法的に遊ぶことができます。フリーロールで上位入賞すると、賞金だけでなく高額な賞金が期待できるトーナメントに参加できるチケットが手に入ります。

    また、豊富なボーナスオプションがあり、特に初回入金ボーナスは最大1,200ドルなのでとてもお得です。

    WPT Globalはオンラインポーカーだけでなくビデオスロットやライブカジノといったゲームで遊べることもメリットの一つです。

    さらに、キュラソーのゲーミングライセンスとGLI認定を受けており、高い信頼性と安全性を有しています。多様なゲームオプションとデバイス対応も魅力的で、いつでもどこでもプレイ可能です。

    WPT Globalの良い口コミ・評判 参考:X(旧Twitter)

    WPT Globalは、初心者が多く、稼ぎやすいと評価されています。2022年にサービスを開始したばかりで、他のオンラインポーカーアプリと比べて初心者の割合が多いのが特徴です。また、世界大会WPTに出場可能な点も魅力的です。

    WPT Globalの悪い口コミ・評判 参考:X(旧Twitter)

    まだ新しいサービスであるため、上級者の割合が増えるにつれて、初心者にとっては勝ちにくくなる可能性があります。

    当サイト経由で最大1200ドルボーナス

    簡単1分で入力完了!

    WPT Globalではフリーロールが毎日開催

    WPT GLOBAL フリーロールチケット

    日本国内でプレイする場合、オンラインポーカーサイトの中で最もおすすめできるサイトはWPT Globalです。

    WPT Globalでは日本国内のプレイヤーを対象としたフリーロールを毎日開催しています。

    WPT Globalにログインすることで「バックパック」にフリーロール参加チケットが無料でプレゼントされ、毎日21時にスタートします。

    フリーロールに勝利すると賞金が手に入ったり、さらなる高額賞金が期待できるトーナメントに参加できるチケットもつかみ取ることができます。

    優勝を重ねることができれば無料で100万円以上の賞金を獲得できる可能性もあるので、毎日参加することをおすすめします。

    WPT Globalのフリーロールに参加する方法

    WPT GLOBAL トーナメントに参加

    WPT Global内の「MTT」タブより【無料参加】$500デイリフリーロールと書かれたトーナメントを見つけましょう。

    トーナメント情報を開くとイベントに参加する「登録」ボタンが表示されるので「バイイン」を押して登録を完了させましょう。

    登録が完了すると毎日21時に自動的にゲームが開始し、フリーロールトーナメントに参加することができます。

    オンラインポーカーで避けるべきこと

    ライセンス未所持のオンラインポーカーを避ける

    ライセンス未所持のオンラインポーカーサイトを利用することは、違法リスクを高めます。ライセンスはサイトの信頼性や安全性、公正性を保証する重要な指標であり、ライセンスを持たないサイトではこれらの保証が得られません。

    このようなサイトを利用することは、詐欺や不正なゲームに巻き込まれるリスクに加え、法的な問題に直面する可能性もあります。安全なオンラインポーカー体験を求めるプレイヤーは、ライセンスを確認し、信頼できるサイトを選択することが重要です。

    インカジ(インターネットカジノ)のオンラインポーカーを避ける

    インカジを利用してオンラインポーカーをプレイすることは違法です。インカジは、物理的な場所でオンラインギャンブルを提供するもので、日本の法律ではこのような賭博活動が禁止されています。

    インカジを利用することは、賭博法違反に該当する可能性があり、摘発された場合には罰金や逮捕といった法的な処罰を受けるリスクがあります。

    安全にオンラインポーカーを楽しむためには、インカジの利用は避け、信頼できるオンラインポーカーサイトを選ぶことが重要です。

    ▼こちらのインカジ(インターネットカジノ)について詳しく解説しています!

    あわせて読みたい
    インカジとは?オンカジとの違いや違法性を分かりやすく解説 「インカジ」と「オンカジ」、これらの言葉を耳にしたことはありますか?一見似ているように思えるこれらの用語ですが、実は大きな違いがあります。本記事では、インカ...

    オンラインポーカーのアカウントの貸し借り

    オンラインポーカーにおけるアカウントの貸し借りは、多くのサイトで禁止されています。アカウントを他人に貸すことは、不正行為や詐欺のリスクを高めるだけでなくサイトの利用規約に違反することになります。

    これにより、アカウントの凍結や資金の没収といったペナルティが課される可能性があります。

    さらに、アカウントの貸し借りを通じた賭博行為は賭博法違反とみなされるリスクもあります。安全かつ公正なゲーム環境を維持するためにも、アカウントの貸し借りは避けるべきです。

    オンラインポーカーで得た収益の税金は?納税が必要?

    オンラインポーカーで得た収益を確定申告せずに納税しない行為は、税法違反にあたり、重大な法的リスクを伴います。日本では、一定額以上の所得がある場合、確定申告を行い、適切に税金を納めることが義務付けられています。

    オンラインポーカーでの勝利金も、この所得に含まれるため、年間の合計所得が基礎控除額を超える場合、所得税の申告が必要です。

    税法を遵守せずに申告を怠ると、税務調査の対象となり、発覚した場合には追徴税の徴収、さらには罰金や刑事罰の可能性もあります。特に、意図的に所得を隠した場合、脱税とみなされ、その罰則はさらに重くなることがあります。

    オンラインポーカーでの収益を正しく申告し、納税することは、法律を遵守する上での責任であり、プレイヤー自身の信頼性を保つためにも重要です。適正な申告と納税は、トラブルを避け、安心してオンラインポーカーを楽しむための基本となります。納税義務に不安がある場合は、税務専門家に相談することをお勧めします。

    ▼こちらの記事ではオンラインカジノの税金について詳しく解説しています!

    あわせて読みたい
    オンラインカジノの税金はかかる?納税や確定申告のやり方を解説! オンラインカジノは、インターネットを通じてプレイできるギャンブルゲームの一種で、その利益は「一時所得」として課税されます。これは、突発的に得られる収入、いわ...

    オンラインポーカー含むオンラインカジノが摘発された法的事例3選

    オンラインポーカーを取り巻く法的環境は複雑で、プレイヤーにとって、これまでに実際に起こった法的な事例を理解することは極めて重要です。特に、オンラインポーカーが関与する違法行為や法的紛争に関する過去のケーススタディは、法的リスクを避け、安心してゲームを楽しむための貴重な教訓を提供します。

    過去に発生した事例の中には、オンラインポーカーサイトの運営者が国内法を遵守していないことが原因で違法と認定されたケースや、プレイヤー自身が不正行為を行った結果、法的な紛争に巻き込まれた事例が含まれます。これらの事例からは、信頼できるサイトの選択の重要性や、ゲームプレイ中の倫理的な行動がいかに大切かがうかがえます。

    オンラインポーカーでの違法性や法的紛争に関する事例を学ぶことで、プレイヤーは自己防衛のための具体的なステップを踏むことができます。例えば、ライセンスを持つサイトの利用、利用規約の確認、個人情報の保護措置の理解などが挙げられます。これらの知識は、オンラインポーカーを安全に楽しむための基礎となり、プレイヤーが未来における法的なトラブルを回避するのに役立ちます。

    ドリームカジノ事件 国内運営がなされていた事件

    ドリームカジノ事件は、オンラインギャンブル業界における法的な境界線と、その運用に関する日本国内の厳しい規制の実態を浮き彫りにしました。

    この事件は、オンラインカジノが日本国内で運営され、後に法的措置を受けた事例の一つです。大阪天王寺区にある事務所から運営されていたことが発覚し、警察は関与した数千人のユーザーに対して警告の連絡を行いました。

    逮捕に至らなかったのは、ドリームカジノが公式に海外拠点を掲載していたため、利用者が国内運営を認識していなかった可能性が考慮されたからです。

    この事件から学ぶべきは、オンラインカジノの選択において運営の透明性がいかに重要かという点です。ドリームカジノはキュラソー島のライセンスを保持していると公表していましたが、実際には日本国内で運営していたため、法的な問題に直面しました。このような状況は、オンラインカジノ利用者にとって混乱を招き、無意識のうちに法律違反に関与するリスクを高める可能性があります。

    プレイヤーは、オンラインギャンブルを安全に楽しむために、サイトが持つライセンスの正当性や運営の実態を十分に調査する必要があります。また、この事件は、日本のオンラインギャンブルに関する法律が今後どのように進化し、適応していくかについて、重要な示唆を与えています。法律の遵守とプレイヤー保護のバランスを取りながら、安全で透明なオンラインギャンブル環境の構築が求められています。

    スマートライブカジノ事件 最終的には不起訴処分

    スマートライブカジノ事件は、オンラインギャンブルに関する日本の法的環境の曖昧さを象徴する事例です。この事件では、合法的に運営されているとされる海外のオンラインカジノを利用していたにも関わらず、日本人プレイヤーが逮捕されるという事態が発生しました。

    京都府警によるこの逮捕は、オンラインカジノが日本人プレイヤーに特化していることが、国内に胴元が存在するかのように解釈されたためです。

    この事件は、オンラインギャンブルの法的な取り扱いにおける日本の現状の複雑さを浮き彫りにしました。特に、国境を越えたインターネットを利用したギャンブル活動が、国内法の枠組み内でどのように扱われるべきか、という問題を提起しています。また、SNSを通じてプレイヤーが特定され、法的措置が取られたことは、プライバシーの問題や、オンライン上の活動が現実世界の法的な影響を受けうることの警鐘となりました。

    この事件の結末、特に一人のプレイヤーが略式起訴に異議を唱え、最終的に不起訴処分になったことは、オンラインカジノの利用が必ずしも国内法に違反するわけではないこと、そして法的な争いにおいて正当な権利を主張することの重要性を示しています。

    この事例は、オンラインギャンブルを取り巻く法的な議論において、重要な参照点となり得るものであり、プレイヤー、法律家、政策立案者にとって多くの示唆を与える出来事でした。

    NetBanQ事件 仲介が行われた案件

    NetBanQ事件は、オンラインギャンブル業界における法的なグレーゾーンと、その運用に関する日本の法制度の厳格さを示す事例の一つです。2016年2月15日に発生したこの事件では、オンラインカジノの決済代行業者である「NetBanQ」の運営者が、千葉県警により逮捕されました。NetBanQはオンラインカジノそのものではなく、プレイヤーの入金と勝利金の出金を仲介するサービスを提供していました。

    この事件の中心にあるのは、「決済代行サービスがオンラインカジノの運営にどのように関与しているか」という点です。千葉県警は、NetBanQがオンラインカジノの胴元として機能していると判断し、その結果、犯罪収益移転防止法違反および常習賭博罪を適用しました。

    この決定は、オンラインギャンブルにおける決済サービスの位置づけに関する重要な議論を提起し、法的な解釈の複雑さを浮き彫りにしました。

    NetBanQを利用していたプレイヤーは逮捕されなかったものの、事情聴取が行われたとされ、この点でもオンラインギャンブルの利用者が直面する潜在的なリスクが示されました。

    最終的にプレイヤーの入金した資金と勝利金は返還されたものの、事件がオンラインギャンブル業界に与えた影響は大きく、法的な不確実性と業界の運営実態の間のギャップを露呈しました。

    NetBanQ事件は、オンラインギャンブルと関連サービスに対する日本法の適用方法、特に決済代行サービスがどのように法的に扱われるべきかについて、再考を促す事例として注目されています。

    この事件から、業界関係者や利用者は、オンラインギャンブルに関わる際の法的リスクをより深く理解し、適切な対策を講じる必要があることを学び取ることができるでしょう。

    違法でない安心できるオンラインポーカーの正しい選び方

    オンラインポーカーは合法ライセンスを持つ運営サイトを選ぶ

    オンラインポーカーを安全に楽しむためには、運営サイトが保有するライセンスに注目しましょう。信頼できるライセンスとは厳しい審査をクリアし公平な運営が保証されているものを指します。

    例えば、マルタやジブラルタル、キュラソー島などは、その審査の厳しさと公正さで知られています。

    これらの国が発行するライセンスを持つオンラインポーカーサイトは、運営の透明性や公正さが保証されておりプレイヤーとして安心して参加できます。

    オンライポーカーは口コミ評判で出金拒否や不正行為の噂がないものを選ぶ

    プレイヤーの間での評判や口コミも重要なチェックポイントです。特に出金拒否や不正行為の噂がないかを確認することは欠かせません。

    オンラインポーカーコミュニティやフォーラム、レビューサイトなどで、実際のユーザーの体験談を参考にしましょう。不正行為の報告が複数見られる場合や、出金に関するトラブルが多いサイトは避けるべきです。安心して遊べる環境を選ぶことが、楽しいオンラインポーカー体験の第一歩です。

    もっとも、違法ではないオンラインカジノを選んだとしても、国内から国外のオンラインカジノをリアルマネーでプレイした場合は違法となります。

    当サイトでは、フリーロールでお金を賭けずに賞金も得られ、最も信頼できるWPT Global(WPTグローバル)を紹介しています。ライセンスの有効性、運営の透明性、プレイヤーからの評判など、複数の基準を満たして選ばれています。初心者から経験豊富なプレイヤーまで、安心して遊べる環境を提供するために選ばれたサイトを、ぜひ参考にしてみてください。

    オンラインポーカーとカジノ法案

    日本のカジノ法案、正式にはIR推進法が2016年に成立し、カジノを含む総合型リゾート施設の開発を促進しました。この法案は直接オンラインポーカーには触れていませんが、日本におけるギャンブル業界全体への影響は無視できません。

    現状、オンラインポーカーは日本の法律で明確に合法または違法と明記されていませんが、賭博罪に該当するとし検挙の対象となっています。

    カジノ法案によるギャンブル産業への肯定的な動きが、将来的にオンラインポーカーの法的地位を明確化する可能性があります。国内でのギャンブルに対する認識が変わりつつある今、オンラインポーカーの将来も注目されています。

    ▼こちらの記事ではカジノ法案について詳しく解説しています!

    あわせて読みたい
    カジノ(IR)法案は現在どうなった?日本のカジノはいつできるのか?メリットデメリットも紹介 2016年に議会を通過した「IR推進法案」、一般に「カジノ法案」として知られているこの法律が、ついに実を結びます。長らく計画が停滞していましたが、2029年に大阪で日...

    今後、オンラインポーカーは合法化されるのか

    日本でのカジノ合法化は、国内外からの観光客増加を促し、経済の活性化に寄与することが期待されています。この動きは、オンラインポーカーを含むデジタルギャンブル分野にも新たなチャンスをもたらす可能性があります。

    総合型リゾート施設の成功が国の収益に貢献すれば、「ギャンブルは財政にプラス」という認識が強まり、オンラインポーカーの合法化に向けた議論が活発化する可能性があります。すでにオンラインポーカーは世界中で人気を博しており、技術の進歩と合わせて、安全で公正なプラットフォームの開発が進められています。

    オンラインポーカーの合法化に向けては、適切な法整備が必要不可欠です。ギャンブル依存症の予防や不正防止など、安全な環境を確保するための規制が求められます。今後、国内でオンラインポーカーが合法化される場合、これらの課題に対処するための明確なガイドラインが設けられることが期待されます。

    カジノ法案がもたらすポジティブな影響により、オンラインポーカー市場はさらなる拡大が見込まれます。技術の進化により、よりリアルなゲーム体験や多様なゲームバリエーションが提供され、新たなユーザー層を惹きつけることができるでしょう。

    オンラインポーカー 違法に関するよくある質問

    日本のカジノ法案とは何ですか、そしてオンラインポーカーにどのような影響がありますか?

    カジノ法案、正式には「IR推進法」とは、2016年に成立した日本の法律で、カジノを含む総合型リゾート施設の設立を可能にします。この法案は直接オンラインポーカーには言及していませんが、ギャンブルに対する国民の意識や法律の解釈に影響を与える可能性があります。

    カジノ法案がオンラインポーカーの合法化にどのように貢献する可能性がありますか?

    カジノ法案によるIR施設の成功が、国内でギャンブルが経済にプラスの影響を与えるという認識を高めることで、オンラインポーカー含むオンラインギャンブルの合法化に向けた議論が促進される可能性があります。

    日本でオンラインポーカーをプレイする際のリスクはありますか?

    現状ではオンラインポーカーをリアルマネーでプレイすることは法的に違法であるとされるため、検挙されることがあります。運営側や資金の取り扱いに関わる活動がリスクを伴う可能性がありますが、プレイヤーが直接法的な問題に巻き込まれるケースは稀です。

    オンラインポーカーの未来はどうなりますか

    技術の進化や市場の成熟に伴い、オンラインポーカー市場はさらに成長が見込まれます。合法化への動きや国際的なトレンドにも注目が集まっており、日本国内での法的位置づけも将来的には変化する可能性があります。

    オンラインポーカーを安全に楽しむためのポイントは何ですか?

    信頼できるプラットフォームを選ぶことが重要です。海外のライセンスを持つサイトや、透明性の高い運営方針を持つサイトを選び、利用規約やセキュリティ対策をしっかり確認しましょう。

    オンラインポーカーサイト選びで注意すべき点はありますか?

    出金の手続きや条件、サポート体制の質、プライバシーポリシー、ユーザーレビューや評判など、様々な側面からサイトを評価することが重要です。また、プロモーションやボーナスの条件もよく理解しておくことが必要です。

    カジノ法案とオンラインポーカーに関する信頼できる情報源はどこにありますか?

    政府の公式発表や、ギャンブル規制に関する公的機関のウェブサイト、業界ニュースを提供する専門メディアなどが信頼できる情報源です。また、プレイヤーコミュニティやフォーラムからも有益な情報を得ることができます。

    まとめ

    オンラインポーカーの合法性: 日本の現状日本におけるオンラインポーカーの合法性は、多くの人々にとって重要な関心事です。現在、日本の法律ではオンラインポーカーを直接禁止しているわけではありませんが、ギャンブル全般に関する法律がオンラインポーカーにも適用される可能性があり、一定のリスクが存在します。

    カジノ法案の導入とオンラインポーカー: 2016年に成立したカジノ法案は、総合型リゾート施設内でのカジノ運営を認めるもので、直接オンラインポーカーには言及していません。しかし、この法案によるギャンブル産業への影響は、将来的にオンラインポーカーの法的環境にも影響を及ぼす可能性があります。

    安全にプレイするためのポイント: オンラインポーカーを安全に楽しむためには、海外のライセンスを持つ信頼できるプラットフォームの選定が重要です。また、サイトの利用規約やプライバシーポリシー、ユーザーレビューなどを慎重にチェックすることが推奨されます。

    将来性と市場の展望: 技術の発展と共に、オンラインポーカー市場は成長を続けています。日本国内での法的な明確化が進むことで、オンラインポーカーの合法化に向けた動きが加速する可能性もあります。

    最新情報の追跡: オンラインポーカーの法的状況や市場動向に関する最新の情報は、政府の公式発表や専門メディアの報道から得ることができます。正確かつ更新された情報を得るために、複数の信頼できる情報源を定期的にチェックすることが大切です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次